虫歯を防ぐための歯ブラシにプラスしたい3つのアイテム

虫歯を防ぐための歯ブラシにプラスしたい3つのアイテム

 

 

歯磨きを丁寧にやっていれば虫歯にならないと思っていませんか?

 

実は歯ブラシだけ時間をかけて行っても、虫歯を完全に防ぐことはできません。

 

 

虫歯を防ぐための歯ブラシにプラスしたい3つのアイテムを紹介します。

 

 

タフトブラシを使用しよう

 

 

歯ブラシで通常の歯磨きをした後、
舌で歯をなぞると奥歯の側面などザラッとした感触があることがないでしょうか。

 

 

歯ブラシで何度磨きなおしても取れないザラザラは、落ちてない歯垢です。

 

 

歯並びが重なってしまった部分や、奥歯の隙間、
また、どんなに歯並びの良い人でも、一番奥の歯の喉側の側面には歯ブラシがほとんど届いていません。

 

 

これらの歯垢を放置していると、歯石や虫歯、また歯周病へと発展します。

 

 

そのため、普段の歯ブラシを使った歯磨きにプラスして、タフトブラシの使用をお勧めします。

 

 

タフトブラシとは、歯科医院で見かけた方も入ると思いますが、
小指の先ほどのブラシが付いている隙間用歯ブラシになります。

 

 

奥歯の隙間や裏側、親不知が生えてきている部分、
また前歯の裏などに隠れた歯垢を掻き出してくれる優れものです。

 

 

残った歯垢による口臭に悩んでいる人の中には、
タフトブラシを通常の歯磨きにプラスして使用しただけでかなり匂いが軽減したという人もいます。

 

 

毎食後は難しいと思いますので、是非寝る前の歯磨きに追加してみてください。

 

 

絶対必須のデンタルフロス

 

 

通常の歯ブラシでは、落とせている歯垢は口をあけて見えている範囲のみです。
歯には、歯と歯、それぞれ接触している部分があります。
これらの接触面にも歯垢は存在しているのです。

 

 

一見どんなに綺麗に歯磨きをしている人でも、
デンタルフロスの使用が無い場合、突然虫歯の症状が出て、
歯科医院へ行くとかなり大きな虫歯が歯と歯の間に出来ていたということも珍しくありません。

 

歯の定期健診を受けていても、
隙間の虫歯は目視では中々見つかりにくく、見逃されることが多い部分です。

 

歯と歯の接触面から虫歯になった場合、
神経がすぐ近くにあるため、早期に重傷になる場合がままあります。

 

 

フロスの使用はそういった虫歯を避けるための、大切な工程です。

 

 

デンタルフロスには、隙間の挿入を容易にするワックスタイプや、
歯垢除去力アップを重要視したノンワックスタイプ、また水に触れると膨らむスポンジタイプ、
フロスが既にプラスチックに張ってあり奥歯の掃除がやりやすくなっているタイプなど

 

様々な商品がありますので、自分が継続しやすいフロスを選ばれてください。

 

 

.歯磨き粉はフッ素配合量に注意する

 

 

虫歯予防に効果があるとして有名なフッ素ですが、
全ての歯磨き粉に同量のフッ素が配合されているわけではありません。

 

 

フッ素配合と記載されていても、その配合量は様々です。

 

 

最近ではフッ素配合の上限が見直されたこともあり、
より高濃度フッ化物配合の歯みがき剤が出回る可能性も出てきました。

 

 

フッ素配合と記載があったので選んだ歯磨き粉が、
実は配合量がとても少なく効果を実感できなかったということが無いように、
これからは配合量にも気を配る必要があるでしょう。

 

 

また、1つの歯磨き粉を家族で共用されている方もいらっしゃるかと思いますが、
子供には健康を考慮してフッ素歯磨き剤の年齢別応用量ががあります。

 

 

フッ素が多ければ多いほど良いというものでもありませんので、
子供の年齢にあわせて子供用のフッ素配合歯磨き粉を選んであげるか、
大人用でも使用量を減らすなど注意が必要です。